“常に新しい提案で、お客様にご満足”を・・・。

「うれしい」と「ありがとう」のために。

日々、新しい技術が生まれ、新しいサービスが開発されています。

目まぐるしい早さで、時代が動いています。

しかし、私たちプリントボーイは、こう考えます。

「人」を感動させるのも、満足させるのも、「人」である、と。

そこで、私たちは、まず、お客さまとお会いします。

お会いして、お話を伺うことからすべてを始めます。

私たちのお客さまは、企業、学校、お店と多岐にわたりますが、

皆さまお一人おひとりの「考え」や「熱い想い」をお聞きし、

業務内容、商品、サービスを十分に理解し、制作に取り組みます。

お客さまと、お客さまを通じたお客さまの「うれしい」という心、

「ありがとう」という声をなによりも喜びとするプリントボーイ。

それは、創立以来の変わらない私たちの精神です。

会 社 名  株式会社プリントボーイ

 

所 在 地  〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-24-13

 

連 絡 先  03-3309-0230(代)

 

創 業 年 月  1967年9月

 

代 表 者  代表取締役社長 本越久行

 

事 業 内 容  デザイン&印刷プリントショップ事業

       および教育関連企業様・法人企業様の「相談対応・提案型」

       印刷事業

 

主要取引銀行 りそな銀行 みずほ銀行

オンデマンド・プリンティングの

最上マシーンの導入

ワンストップサービスを開始

デザインセンターを開設

デジタル印刷システム開始

商品デザインのシステム化展開

PRINTBOY創業

フルカラー印刷での

お年玉付年賀状の商品化

PRINTBOY I.D.スタート

IT推進室を開設

営業のサポート機能強化

オンデマンドニーズに対応すべく、オンデマンド・プリンティングの最上マシーンの導入。また、超ワイドサイズのカラープリント出力、メタリックプリント、シールやステッカー加工が可能な設備を導入。

IT推進室を開設。IT時代に対応すべく、印刷物の電子化をはじめとするプリントコミュニケーション・ツールのIT化を推進。印刷とデジタルとの強みの融合を図る。

印刷物づくりの「お役立ち営業」を確立するため、営業のサポート機能として専門家によるバックヤード体制を強化。<受注加工型印刷会社>でなく、<相談対応・提案型>のコミュニケーション事業会社を目指す。

プリントショップ(PRINTBOY)を、デザインを核としたデザイン&印刷工房(PRINTBOY I.D.)に業態チェンジ。デザインと印刷をパッケージ化したショップビジネスモデルの展開。

デジタル印刷システムによる多品種少量フルカラー印刷加工サービスを開始。印刷サポート事業部を組織化するとともに、広域エリアにおける会社・教育関連業界(大学・専門学校)、官公庁、各種団体などへの印刷サポート事業を開始。

お年玉付年賀状のフルカラー印刷での商品化、及びデザイン年賀状、名入れ印刷サービスシステムを構築。それまで儀礼的であった年賀状をコミュニケーション・ツールとして提唱し、新しい年賀状文化づくりに貢献。年賀状印刷業界でのNo.1カンパニーと評価される。

お客様の印刷物づくりの利便性を考慮し、編集企画・取材・撮影・デザイン制作から印刷加工、印刷周辺関連業務までを一貫して行う<ワンストップサービス>を開始。

プロのデザイナーによるデザインセンターを開設。デザインから印刷物づくりサービスを提供するため、クリエイティブ制作体制の強化を図る。

名刺・封筒・便箋・伝票類のデザイン・パターンシステム=半製品化の開発・販売。商品デザインのシステム化展開。

地域密着型の店頭受注販売業務=プリントショップ(PRINTBOY)を創業。その後プリントショップ事業を展開。

Copyright © 2014 PRINTBOY Co., Ltd. All rights reserved.